キャットファイターに逢った。。

2019年の11月某日

翌日にはタイへ飛ぶと言うのに、準備も半分くらいで山手線を時計と見立てたら6時半くらいの所に位置する駅近くでツレと飲んでいた。

19時から3軒立ち飲み屋をはしごして、いい感じになって有楽町で閉店して以来ご無沙汰していた名代の焼きそばを〆で食べて帰ろうと思って駅に向かう道ながら

ツレのIが熟女かおっぱいパブ、どっちか行きたいと言い出す。

良い感じの酔っぱらいのおっさん三人に異論はなく

雨宿り代わりに紹介所へ入って

すぐ入れそうな店ない?って聞いてみる。

イチャキャバなら一軒すぐ行けますと言うので案内してもらう。

イチャキャバとはキャバクラとセクキャバ(おっぱいパブ)の間らしい。現代用語の基礎知識

案内された店はちょいパーテション高めのキャバクラ風な店。

店名 もちろん覚えていない・・

確か1セット5~6000円/1時間だったと思う。

軽く案内あって最初の子が隣に着く。

(案内をしっかり聞いてもぼったくられる時はぼったくられる)

1セット1万前後の出費だなと計算して1,2杯は飲ませても大丈夫だろうと思っていたが

紹介所の兄ちゃんが言ってた通りLDが高い。

アルコールちょいと入ったLDが3000円から。。。

濃縮還元果汁水が一杯1800円から・・・

55でテキーラコーラされるのなんて幼稚園のママゴトレベルだ。。

(初見で断りもなくテキーラコーラされると気分を害す人。繁盛店で見た目イイ子呼ぶと9割8分気分を害す人)

紹介所の兄ちゃんは嫌だったらLD無くて大丈夫ですなどと言うが、

断れるほど鋼鉄の心は持ち合わせていない。。

もとい

日本でもタイでもこういうお店で最初の5分の会話はほぼ一緒だ。。

タイでは外国人ネタが多いが

日本でも外国人ネタだ。。

日本を出て30年、日本に居る人から見たらもう外国人みたいなものだ。

タイではタイ語を強要され日本では英語を喋れと強要される。

それは置いといて

両足を俺の太ももの上に乗せ抱っこチャンスタイルでの接客、オッパブではないのでキッツいボディータッチは禁止らしい。。

キャバに普通に居そうな子がキャバより少しイチャツイテくれると言う事だが、パーテションが高い割りに全然イチャイチャして来ない。。

二人目の女の子が来るタイミングが予想できずに

最初の子、場内指名せずにいたら

二人目にチェンジ

シマッタ、最初の子にしとけばよかった。。。

時は遅し

7,8歳年がUPしたが10,15cm身長がDOWNした尾根遺産がお隣さんに

一緒に来た二人のツレは最初に着いた子を指名して適度にLD飲ませてる感じ。。

外国人の俺は遊びなれてないんで期待値不明なのに二人目突入して玉砕モード。

海外へ出たことが無いと言う二人目の尾根遺産と海外話を少々

お約束の営業のLINE交換して

まだ時間が有るので3人目投入に備えるが

もうLD要らないので場内指名してくれと尾根遺産から提案

自分のこころは翌日の今頃は。。。。と心はバンコクに飛んでいたの

提案を快諾してビミョーなイチャキャバとビミョーな尾根遺産との会話を楽しむことにする。

話によるとなんと格闘技を昔やっていて、今はキャットファイトに参戦中とのこと。。

プロレスヲタの俺なんで

え? CPE?

と聞くと 

ギクッとして ガードポジション。。

もしかして知ってる?

見に行ったことないけど老舗はCPEだと言うのは何となく知っている。

そうなんだ、ジャー次の大会見に来てと。。

格闘技選手あるあるでギャラはチケットで貰って自分で手売りしてなんぼの世界なんで、

ご免 俺日本に住んでないので見に行けないやー

と伝家の宝刀でばっさり。。

そこから海外の話となり

一回も海外に行ったことないと言う話なんかしてたら

お時間です。。。  となり

それじゃーねーと

1セットだけで店を出る。

この中にその尾根遺産居ますので探してみて。。。

和田京平ではない。。。w

バンコクへ飛んだ後も営業のラインが来るのでバンコクやパタヤの写真を返送してたら

一緒に外国に行こうと言う話になりソウル行きたいと言うので日程詰めていこうとなって

良い感じかと思いきや

部屋は別々でお願いしますと言われたので

解りましたと言ってそれ以来話していない。。 (笑)

バンコクやパタヤでキャットファイト繰り広げて忙しかったのでそれでよし・・

のちに、ウイキ見たらこの子のページが有って驚いた。

店にはキャットファイターだと言ってないので内緒にと言われたのでここでは名前は伏せておきますが、RENAや杉山しずかや渡辺華菜やぱんちゃん璃奈などかわい子多いの昨今の格闘技界では練習生レベル(容姿が)なのでみなさまに紹介するレベルには達していないとだけお伝えいたします。

東京のイチャキャバでキャットファイターに逢ったはなし でした。

宜しければポチっとお願いします <m(__)m>

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ポチっと押して頂けると励みになります。

タイヘ1万円で行く方法 2019年版

あと2週間で2019年も終わろうとしていた年の瀬のある日の午後、10日前にタイから戻って来たばかりだったけど、自分の中のタイ力【タイリョク】が減ってる感じがしたので歩いても行ける距離のタイへ行こうと思い立つ。

マナーモード
ネットで調べる。

まずはネットでタイを見つける。。1年ぶりのタイリサーチだが怪しい所はぷんぷん匂うのでものの数分で2件ほどの店に絞る。どちらも同じような物なので(もしかしたら同じ店かも)本日の出勤者の中から一番よさげな子が在籍する店に電話。。待ち時間を聞くとすぐに入れると言う。30分後に日暮里駅前から電話入れますと伝えて、歯だけ磨いて日暮里へ向かう。

右上へカーブする矢印
日暮里へいく。

15分ほどで日暮里に到着。そこから店に電話すると尾根遺産の店のおススメのレンタルスペースを伝えられる。コンビニでドリンクを2本買ってジーンズの両前ポケットにぶっさしてレンタルスペースへ向かう。

四角囲み空
レンタルルームへ

駅からあっという間に到着してしまい時間がちょっと早かったみたいで受付には誰もおらず、少し待たされたが、掃除が終わったらしい店員が受付に戻って来たので予約してた仮名を伝える。 予約の サササ、佐藤です。。

上昇トレンドのチャートと円記号
1500円

はいはい聞いてますと、店員さん。コンビニで崩したお金で1500円ぽっきりをトレーの上に乗せる。万券など出すと、ぎゃんぎゃん吠る店員もいるんで来る前にコンビニで両替しておくのが紳士。

四角囲み割
尾根遺産来る

部屋に入りお店へ電話。すぐに伺わせますと言われ、

部屋の空気が淀んでいたので窓開けて換気。。

ほどなくファミマと同じチャイムが鳴って尾根遺産登場。顔見たらレンタルルームの外で見かけた子だった。

非常にきれいな英語をしゃべる。しかしとても 無愛想で何処からきたの?って聞いてもシークレットとつれない。タイ人だと分かってはいるが英語が上手なのでずっと英語で会話。

上昇トレンドのチャートと円記号
8000円

8000円をお支払いして、コンビニで買っておいたドリンクを進呈するも一口も飲まずにバッグへとしまい込まれてしまい話の糸口にもならず。。。

しゃーない、シャワーへ行こうと、まだ解きほぐせない堅い表情の尾根遺産を誘って俺もパンツ脱いで堅い症状になったチンぽをそそらせながらシャワールームへと

丸囲み秘
ムフフターイム

シャワーブースでは予想に反して即シャク、

ベッドではお前責めるか?とも聞かれなかったので乳首サワサワのぺロペロの後、生フェラしてもらってゴム付けての騎乗位。 体も綺麗だしスタイル抜群なのだけど顔が少し長い。入れ乳なので下から見た尾根遺産の乳と乳との間の距離がタイへ来たーって感じだった。

ベロチュウOKだけど舌出してこちらの舌の侵入は阻止される。

正常位、座位、バックからの正常位

ウエストがめちゃ細いので最後は両手でウエストをがっちりホールドして尾根遺産の腰を浮かせながらのラストが飛行機に乗っていくタイより素晴らしかった。。

四角囲み営
連絡先交換

一息ついて、携帯のGOOGLE翻訳で今日は調子が悪いから少し横にならしてと

塩要請あったんで、

タイ語で คุณเป็นหวัดเพราะญี่ปุ่นหนาวหรือเปล่า

って聞いたら 堰を切ったようにタイ語で話し始めて,足を絡めてタッチしながら今までが嘘のようにデレ対応。

ルーイ出身の24歳。日本へは二度目で、今回は韓国廻って日本来て4日間日銭稼いで明日渋谷行って買い物して明後日タイへ帰るそうだ。

マレーシア、シンガポール、香港などへ出稼ぎでしてお金を稼いでるそうだ。バンコクではトンロー住みのハイソガール。 バンコクにいる時は某有名カラオケでバイト。お客がタイ語喋るので日本語はさほど喋れないそうだ。

COOL
BKKで会う約束する

BKKでロング約束した客が電話にでないので今夜12時からロングしてくれと要請あるも丁重にお断り。。しかしラインも自ら頂戴と積極的。タイ遊びに来たら連絡してと営業にも余念なし。

スタイルと体の綺麗さは◎ サービスは標準ラインだったけど、最初から打ち解けていれば点数はかなり上がっていたと思う。55でも見かけないほどのスキニーさで300㏄シリコン入り。コンタイの中では真っ白の部類。。

右下へカーブする矢印
帰る

尾根遺産が店へ終了の電話。差し出された携帯に出ると明らかにノンネイティブな日本語のおばさんが出てサービスどーでしたかーーー?と聞かれたので ボリカンディマークと答えて電話を尾根遺産へ返す。電話に出たのはきっと日本に住んでるママさん的なタイ人だろう。店からサービスなどをきっちりする様に言われているのだろうから、嘘でもべた褒めしておく。

まだ予算の1万円には500円の余裕が有るので、500円玉を一個尾根遺産になんか飲みなヨと渡すとバッグからさっき上げたお茶を出して見せながら、もう貰ってるから要らないと。。

いい子だ!

500円を握らせて腕を組んで一緒に部屋を出る。

受付に誰も居ないので、受付で尾根遺産とチュチュっとお別れ。

数分後店員がまた掃除から帰って来たので鍵を返して店を出る。

1万円で行ける隣駅のタイランド最高。飛行機乗ってタイに行く意味ある?と思いつつも夕暮れのひぐれざとを後にする。