What`s Up が好きなんだもん・・・

ワッツアップが大好きで、通ってた・・・

少しお金が掛かるんだけど、なんか楽しいんだよね。。

パタヤへ行くと必ず一回は立ち寄る店の一つ。

今も25時ぐらいに一人だったりするとふらりと寄ってみるお店。

二階にも新しい店を拡張した位からややつまらなくなっていったけど、とんでもなく昔からある老舗なんで経営母体はしっかりしてるんだろうね。

歌うトムのボスが有名だったけど、もう何年も歌ってる姿見てない。。

需要が無いので。。スマン、、

日本のキャバクラっぽいノリでペイバー有りきじゃないような、あるような尾根遺産達の駆け引きが絶妙で堪らなくて通ってた。。

1人で入ってソファーに座っていれば自然とちょっかい出して来てくれるので、ステージガン見地蔵になる事もない。。

奇麗どころも多くて、好きな人は好きだけど、俺の周りはワッツアップ好きな人少なかった。。ドリンク高い。。すぐやらせてくれない。。。etc

そんなワッツアップで知り合った子数名の想い出

今日はパート1

2011年の久々のパタヤ。

Mちゃん

俺がワッツアップにハマッタのはまさにこの子がきっかけ。。

ショートカット大好きおじさんはこの子にドハマり。。

人気者のMちゃんは席掛け持ちしてる事が多かったので

あまり使えなかった相棒のYちゃん

Mちゃんの相棒のYちゃんがヘルプで俺につく事が多かった。

大坂夏の陣宜しく外堀を埋めていく作戦だったので

このYちゃんには好きなだけ飲ませてあげた。

良い子だったらMちゃんが席に戻ってきた時に一杯ずつ頼んだりするのだろうが、

Mちゃん居ようが居まいが二人分のドリンクをバンバンオーダーする感じに

これは無いな。。

とは思いつつも

きっちり、外堀を埋めきり

パタヤ最終日

今夜はMちゃんと一緒だと決めて

すべてを整えて(BYねずっち)

今日はOKだよね?と尋ねたら

赤ちゃんにミルクあげないといけないから、一緒に行けない

突然子持ちになって

PB拒否

チャンチャン

ジングルが鳴って

終わったw

しゃーない キモオタおっさんなんだから。。。  

仕事でチューしてくれただけなんだから。。

と 

重い扉を自分で押して開け

スタスタとあてもなく

ウオーキンの方へ戻っていく。

あてはないけどとまり木ならある。

そう、我がオアシス、シャークに入って作戦会議。。

シャークの位置づけは☟参照願います。

もう時間は25時 

半額シールは貼ってないが売れ残りばかりの時間帯へ突入している。。

どうしたものか。。

コーラーをチューチュー吸いながら酔った頭で考える。。。

取り敢えずバカラ行こう。。。

バカラは20時に行くに限るのだが、

なぜかバカラが頭の中にひらめいた。

サービスが呼ぶのもめんどくさいので

100B を縦に二つ折りにしてビンの中へいれて

2つある階段のJちゃんのいない方を使ってJちゃんに見つからない様に退店。。

スタスタと

バカラへ向かう。

つづく。。。。

2011年のJちゃん

ご愛読ありがとうございます。メアド入れずにコメント残せますので罵詈雑言ございましたら何なりとお残しクダサイ。

さて、話はさかのぼって2011年。

バンコクにはちょちょい来てたけど、パタヤには長い事来てなかった。。

パタヤに初めて来たのは

初めてタイに来た1999年?だったと思う。

ベルトラベルでバンコク市内からパタヤへ行ったんだけど、

バンナーの営業所でデカいバスに乗せられ、そこからスワナへ行って客乗せてパタヤ、

そしてパタヤでバンに乗り換えて一番最後にホテルへ落とされたので

DOOR TO DOORで5時間以上かかった記憶。。

JFが掛からないと言うネットの情報だけで、ソイダイヤモンドのダイヤモンドビーチホテルに泊まった。。

お風呂が併設されていて、

一回覗きに行ったが、エンガラとかビワの類だったので

二回目はなかった。

このお風呂、後に何かで見た古い映画の中に出てきて思わず声を上げてしまった。 (笑) 映画名出て来ない スマン

初パタヤの時、

場所は覚えてないけど置屋に行った記憶はある。。エッソ裏なのか。。。

おっさんが紐をシャーと引くと金魚鉢が現れる小さな店にソンテオに乗って行った

そのあとどうだったか記憶がない・・

やったのかやってないのかも記憶にない

そして

ウオーキングストリートとかの記憶が全くない。。

パタヤで何してんだ俺。。。

ただその時の事でよく覚えているのは

ちょっときれい風な尾根遺産に流ちょうな英語で

私シンガポールから来てて今自分が何処に居るか分からないから教えてほしいと、

東南アジアあるあるの詐欺・騙しパターンで声を掛けられ、

それなら警察に連れてってやるからソンテオに一緒に乗ろうと誘うと

大丈夫1人で行けるからお金少し貸してと言われ

10バーツあげると

モーターサイだからもっと頂戴と言われ

3バーツあげたら投げ返された

ことくらいだ。。 (笑)

当時のバンコクでの記憶は鮮明に思い出せるのに2泊したパタヤの記憶が完全に欠落してる。。

その後もちょくちょくタイへは来ていたのだがパタヤへはあまり足が向いていなかった。。

バンコクだけで手が回らなかった。。ソイ6とかバービアの存在意義など知らずあまり為替など気にせず55でバンバン札を切っていた。。。イタイな俺w

最初のうちはみんな同じか? そう思いたい。。。

そんな俺も思い立って

2011年のGW明けの5月にパタヤへ来てみた。

バービアに入り浸るほどのタイ語力は無いのでソイ6.LK・ウォーキンを回る感じだった。

ウオーキンだけでも一晩ではすべて廻れないほどのお店が有ったにもかかわらず、LKに行ってたのは何だったんだろう。。

思い出した、アレカロッジに泊まってたんだ。。

だから、

OASISとか場末店にも行ってたんだった。。

しかしソイ・チャイヤプーンには恐れ多くて入れなかった。。

アベニューの裏からモーターサイ乗ってウオーキン行ってわ、思い出した・・

みんな大好きアレカロッジだけど、新棟のファミリールームはホント最高だよね。

俺プールなくてもいい人だけど広い部屋大好き人間なので

このファミリールームはすごく気に入ってた。。

アレカ前の屋台のカオマンガイ屋台も良かったな。。

親子でやってる感じで娘が可愛かった。。

いかんいかんパタヤではついそういうことを言いがちだ。。

訂正文 とてもおいしいので出撃前の腹ごしらえはいつもここだった。

アレカロッジは鉄板お奨めです。

本題 入ります。

もうなくなっちゃったけど、ソイダイヤモンドのシャーク。

店はでかくて居心地は悪くなかったけど尾根遺産はさほどイケて無かった。。

しかし、すごく酔っぱらった時に少し休むにはちょうど良かった。。

休んでるはずがそこでも飲んで酩酊、あまり覚えてない尾根遺産を連れて帰るミステイクが度々。

2011年の春のとある晩、シャークの子が時計を部屋に忘れていったので翌日届けに行った。

滞在中ちょくちょく休憩に行っていたので少し顔見知りになっていた呼び込みの子が一緒に二階に上がって来た。時計の持ち主はお休みで時計はママさんに託して、

代わりと言ってはなんだが一緒に上がってきたホステスの子に飲むことに。

このホステスの子が店が跳ねたら飯だけ食べに連れてってと言ってきた。。

飯だけならいいよと、2時間後にウオーキンのファミマで待ち合わせて、(もちろんPBなどは払わず)

セカンドロードのソンテオ乗り場のちょっとウオーキン寄りに有ったタイ飯屋へ一緒に。

この青い看板の店だった。。まだ在るんだ。。驚き!

髭が生えた垢ぬけない子だったけど、飯食って流れでホテルへ。。

かなり体堅くしていたけど、

OKOKOKOK

大丈夫だ教の信者なので

大丈夫・大丈夫・大丈夫の連発で 

することはしっかりして餞別を持たしてお帰り頂いた。。

モーターサイ乗る所を見届けて部屋に帰ると

電話番号と名前を書いた紙がデスクライトの足元に挟まれていた。

そのあともパタヤに行くとちょくちょくPちゃんには逢うけど、

困ってる子の紹介所と化していて

この子お客さん居ないかわいそう。。

一緒帰るなー

大丈夫 

大丈夫

と、

この子も大丈夫だ教信者になっていた。

彼女が自分を差し置いて他の子を紹介することを不思議に思うかもしれないが

彼女は実はレズでバイもOKと言う子。比重はレズに重きを置いている。。

トムの彼氏と一緒に働いているので彼がいる時は自分をお勧めしないのである。

彼氏いない時は当たり前の様にホテルについてくるが。。w

なので極力合わない様にしているのだが、

シャークがなくなってホッとしてたらトイメンのABOVE HEVENで呼び込みしてて

不覚にも一瞬で確保されて初めてアバブ・スーパーベイビーしたなんて事もあった。。

今回も長くなってしまったのでJちゃんとのその後はまたの機会に。。。

彼氏と一緒にJちゃん登場! もちろんトム彼w